施工事例

【一幸建設】マンションリノベーション/一日の疲れを癒すやすらぎの空間

分譲マンションでも築27年ともなると、住設機能や間取り・バリアフリーへの考え方などは最近の賃貸アパートよりも劣ってしまいます。これからの暮らし方を考えた時、今までの住まいの不満・不安の解消しようというのがリノベーションの理由でした。

テーマはリラクゼーション。 これからは落ち着いた大人の暮らしと、''お風呂''好きなご主人様が何時間でも過ごしたくなるような''バスルーム''で日々の疲れを癒して明日への活力になるように・・・というコンセプトでご提案させていただきました。

お風呂が大好きで2~3時間は居られるとお聞きしたのでまずは浴室のサイズUPと見た目・機能・性能で癒しにつながる部分を目いっぱいでご提案しました。
光のコントロール・遮音・ミストサウナ・ジェットバス etc・・・ バスルームにリラクゼーションを求めると 必然的に「LIXIL スパージュ」になりました。 サイズも少し大きめの1618です。

  

マンションなので平面的な増築は出来ませんが、少しでも空間の拡がりを感じられるように、 最上階で切妻屋根の躯体の利点を生かして、天井形状を工夫しました。
また形状による照明調光の効果も考慮しました。統一感のある内装の色使い、ハイドア使用による高級感のUPにより都会的な落ち着いた空間を実現できたと思います。

築27年のマンションのキッチンは閉鎖的でした。 家族構成の変化に合わせて対面式の解放的なキッチンに。

レストルームはとにかく機能的に。
収納・お掃除重視。 扉は陶器のホワイトが映えるヴィヴィッドなカームレッド。

 

日々の疲れを癒す、休養・入浴に重点をおいてのリノベーションをご提案しました。 マンションである事で水廻り配置には制約もある為難しかったですが、 空間を巧く工夫した住まいになったと思います。

お問い合わせはこちらから LIXILリフォームショップ一幸建設