在宅勤務の開始

新型コロナウイルスの感染拡大や、それに伴う政府の要請などにより、テレワーク(在宅勤務)を推奨する企業が増えています。テレワークへの対応が急務となる現状では、インフラが未整備であるにもかかわらず、在宅勤務の導入を突然実施せざる負えない方も少なくないのではないでしょうか。

そこで在宅勤務にすぐ使える「ビジネスチャット」「ビデオ会議」「ファイル転送サービス」の3種類のWebサービスを利用している会社が多いようです。どれも無料で既存のネットワークやシステムに手を加えることなく利用できます。

 ただし、テレワークの導入には注意が必要です。勤怠管理の仕組みやリモート作業で発生する費用負担を社内規約に盛り込む必要があります。

 また、セキュリティーにも注意が必要です。テレワークは、社内パソコンを社外や自宅に持ち出して作業するケースが多くあります。重要な業務データを社外で扱うので、情報漏洩やパソコンの盗難が発生に注意を払う必要があります。使う端末のセキュリティーを保つとともに、やりとりするファイルや通信の暗号化は欠かせません。Webサービスに設定するパスワードも推測しにくいものにして、なりすましを防ぐ必要があります。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。