お得にリフォーム!国の補助金情報

お家を快適に長持ちさせたい方、省エネ、断熱性を高めたい方にとってもお得な国の補助金制度があります!
補助額も大きく、補助金を上手に活用すればお得にリフォームできます!

その1、長期優良住宅化リフォーム推進事業(国土交通省) 補助金額最大250万円!

質の高い住宅や子育てしやすい環境づくりのため、住宅の長寿命化や省エネ化、住宅の性能を向上させるリフォームや子育て世帯向けリフォームに対して補助が受けられる補助金制度です。

【1】対象となる住宅
リフォームを行う既存住宅(戸建住宅、マンションとも対象) ※事務所や店舗など住宅以外の建物は対象外
【2】主な要件
・リフォーム工事前に建物の現況調査(インスペクション)を実施すること
・一定の住宅性能を有するようリフォーム工事を実施すること
■耐震性:地震に強い家へのリフォーム          
■劣化対策:床下の防湿やシロアリ予防措置
■省エネ対策:家の断熱性能を上げて省エネ化する     
■維持管理:家を長持ちさせる
・その他性能向上リフォーム:節水型トイレ、高断熱浴槽の設置や外壁・屋根のリフォーム等
・リフォーム工事の履歴と維持保全計画を作成すること
【3】補助対象費用
・性能向上リフォーム工事等に要する費用         ・子育て世帯向け改修工事に要する費用
・インスペクション、履歴作成、維持保全計画作成等に要する費用
【4】補助率・補助金の限度額
・補助率:補助対象費用の1/3
・補助金の限度額:リフォーム工事実施後の住宅性能に応じて100~250万円/戸
 ※以下のいずれかの要件を満たす場合は50万円/戸を上限に加算されます。
三世代同居対応改修工事を実施する場合、若者・子育て世帯が改修工事を実施する場合、既存住宅を購入し改修工事を実施する場合
【5】実施期間(通年申請タイプ) ・交付申請受付期間:令和2年5月11日 ~ 令和2年12月18日
※令和元年度版(補正予算)は令和2年6月12日まで
・完了実績報告の受付期間:令和2年6月15日~令和3年2月12日
※令和元年度版(補正予算)は令和2年10月23日まで
★ご覧ください 長期優良住宅化リフォーム補助金 ご案内チラシ
←画像をクリックする拡大詳細確認できます。

その2、次世代省エネ建材支援事業(経済産業省)補助金額最大 戸建住宅200万/戸 マンション125万/戸


住宅の省エネ化を促進するために、短工期で施工可能な一定の省エネルギー性能を有する省エネ建材を用いたリフォーム工事に対して補助が受けられる補助金制度です。

【1】対象となる住宅
リフォームを行う既存住宅(戸建住宅・マンションとも対象)
【2】主な要件
・必須製品(断熱パネル、潜熱蓄熱建材)のいずれかを用いた改修を行うこと。
・任意製品(断熱材、窓、玄関ドア、調湿建材)を用いた改修は、必須製品を用いた改修と同時に行うこと。
・製品ごとの要件を満たすこと。
【3】補助対象費用
補助事業の実施に必要な建築材料(補助対象製品)の購入費用及び必要な工事に要する費用
※補助対象費用の合計は1住戸あたり40万円以上であることが必要
【4】補助率・補助金の限度額
・補助率:補助対象経費の1/2以内
・補助金の限度額:戸建住宅:1住戸当たり200万円  集合住宅:1住戸ごとに125万円
・補助金の下限額:戸建住宅、集合住宅:1住戸当たり20万円
【5】公募期間:1次公募 2020年5月11日~7月17日  実績報告書提出期限2020年12月11日
★ご覧ください 次世代省エネ建材補助金 ご案内チラシ
←画像をクリックする拡大詳細確認できます。

補助金制度の内容、活用方法など詳しくは
お近くの
LIXILリフォームショップへお気軽にお問合せください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。